目標をセンターに入れてスイッチ。

カテゴリ:展示( 90 )

今日観た展示

「ニエプスの箱・右」@CASHI
c0205224_20535027.jpg

3人の若手写真家による展示。
真っ白な展示見てなんのこっちゃと思う。
二部構成の写真展で「ニエプスの箱・左」は17日から。

石川 登disproportion@MAKII MASARU FINE ARTS
c0205224_20542710.jpg

とにかくシンメトリー。
最初はプリントであのサイズにしてるのかと思ったがファイルにベタっぽいプリントあったから違うかも。

栗田紘一郎・平竜二写真展「PHOTOGRAPHS' 展~写真の持つ本来の力」@フォトスフィアギャラリー
c0205224_20553594.jpg

あの柔和なプリントはプラチナ・プリントのなせる業か。
普通のマンションの一室のギャラリーだから靴脱ぐかと思ったらその必要なかった。

テルメギャラリー浅山岸田展二回目。
岸山さんと話す、写真集や今後続く二人展の話やら。
こないだ話した人はギャラリーオーナーの松岡さんだった。

そして今日
BLDでアーティスト・トーク、柴田敏雄×鷹野隆大
とりあえず気になったことをメモる。
・独自性
・余分を余分と思わない、価値を見出す
・一点一点で完結
・目的ではなく目印、通過点
・立ち位置から外れるものは撮らない
・受け身
・きっちり写した上での抽象表現
・色の好みを無くす
・エドワード・ウェストンのピーマン
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-11-15 20:56 | 展示

今日観た展示

浅山岸田写真展「Browny」@THERME GALLREY
c0205224_22521594.jpg

浅田政志と岸山浩之という二人の写真家が行動をともにし、
リンクしつつもわずかに異なる時間と空間の中でシャッターを切る。
その積み重ねによって生まれた写真を今回、
初めて「浅山岸田」名義で発表いたします。

ってことで初日に行ってきた。
webで↑見たときオウムが偽物に見えたのだが展示見て本物と判明。
記載してないからどの写真を誰が撮ったのかわからなかったけど。
写真集は今まさに断裁中って言ってたあの人が岸山さんだろうか。

風景写真の本を立ち読みして目から鱗。
ちと高いなと思いながらも『+81 VOL.46 Photographer issue』買った。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-11-12 23:30 | 展示

今日観た展示

藤井保「BIRD SONG」@MA2 Gallery
c0205224_22212662.jpg

この人のプリントは素晴らしい。
特に伊豆沼のがよかった。
しかし「写るんです」って撮ったってまじか、帰ってきてから知ったからどれだがわからないけど。

「写真新世紀 東京展 2009」@東京都写真美術館
ほんとチラ見。
優秀賞より佳作の方がよかった。
後でじっくり見に行こうかとも思ったけどあの優秀賞なら行かなくてもいいかなとも思ったり。
毎度のアンケートに答えて冊子貰おうと思ったら来年3月の発送だった。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-11-07 22:55 | 展示

今日観た展示

鶴田直樹「19 Rooms」@GALLERY SPEAK FOR
c0205224_1753822.jpg

日本を代表する女優たちのポートレイト展。
近さにこだわってるだけはある。
同名の写真集は赤々舎から発行、なんか意外な組み合わせ。

More
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-11-03 17:53 | 展示

今日観た展示

柴田敏雄「For Grey」@ZEIT-FOTO SALON
c0205224_19455452.jpg

柴田敏雄「a View」@BLD GALLERY
c0205224_19463650.jpg

「For Grey」のカラーもいいんだけど「a View」の方が好きだ。
人工物のモノクロでの映えっぷりがたまらん。
トークイベントもあるし会期を2期にわけて作品を展示替えするってあったのであと二回は行く。

Thomas Ruff 「cassini + zycles」@ギャラリー小柳
c0205224_19465281.jpg

あきらかに写真もあればイラスト?もあるしどっちとも判別できないのもある。
自分の理解の範疇を超えた世界観。

病院寄ったあとケータイの電源入れたらBLD GALLERYから写真集が入荷したって留守電に入ってた。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-10-30 19:50 | 展示

今日観た展示

parapera show@AISHO MIURA ARTS
c0205224_0171623.jpg

zineと展示、どっちつかず。
山中慎太郎って人の展示はよかった、一人だけでかいし。
自分だけのzineを作り持ち帰ってもらうってのは作品の系統ばらばらだし数も少ないから少々企画倒れ。

我楽多屋に目当てのものはなかったがお買い得な品を見つけた。
三点で1700円。

銀座を適当に歩いてればレモン社と近くのニコン専売のとこ以外の中古カメラ屋も見つかると思ったが現実は甘くない。
レモン社のビルから出たとこでチャイニーズに「8フロア?」と聞かれたので「8フロア」と答える。

BLD GALLERYで柴田敏雄『ランドスケープ』、ビックでハクバのメタルフード買って現像二本出して帰った。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-10-25 23:52 | 展示

今日観た展示

佐内正史「対照 佐内正史の写真」@川崎市岡本太郎美術館
c0205224_16304884.jpg

700点ってのはすごいのだが多けりゃいいってもんじゃないなと思った。

c0205224_16412863.jpg

佐内正史と伊賀大介(麻生久美子の旦那)と知らん人のラジオはぐだぐだだったのでチラッとだけ聞いて帰る。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-10-11 16:28 | 展示

今日観た展示

野川かさね「mountain, or not」@ROCKET
c0205224_22294828.jpg

山登りしたくなる展示。
多分あれは鹿の足だと思うが山に普通に転がってるものなのだろうか?

大巻伸嗣「絶・景 -真空のゆらぎ」@トーキョーワンダーサイト渋谷
c0205224_2258238.jpg

一階の砂山見たあと二階を見てなるほどと思う。

出た当時買おうと思いながらも今まで買わずにいた新津保建秀『記憶』を今さら購入。
なんかエロいよね。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-09-26 22:58 | 展示

今日観た展示

伊島薫 写真展「最後に見た風景 - Landscapes with a Corpse」@BLD Gallery
c0205224_231239.jpg

女優たちの「理想の死」を実現(写真の中で)してるシリーズの写真展。
以前どっかで写真集立ち読みしたとき著名人だからか嘘臭くてつまらんと思ったけど展示見たら認識が少し変わった。
死体と言うよりは人形。

杉本博司「放電場」@ギャラリー小柳
今回は前回立ち入り禁止だったとこの作品も見れた。
開館展会期中にIZU PHOTO MUSEUM行こうと思う。

初めてレセプションってのに行った。
飲み物が置いてあり自由に飲んでいいはずなのだが誰も手をつけないから飲めなかった。
そしてキョンキョンは43歳には見えなかった。

More
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-09-25 23:33 | 展示

今日観た展示

伊島薫 写真展「一つ太陽 - One Sun」@BLD Gallery
c0205224_22153858.jpg

魚眼レンズで撮影した写真、展示のタイトルからしてあの光線は太陽か。
つまり長時間露光での撮影ってことになるが日中の長時間露光は夜以上に難しそう。
素直に面白い展示だと思う。

次回の展示は柴田敏雄、写真集も2冊同時刊行とあるので楽しみ。
柴田敏雄作品展 「a View」
2009年10月30日(金) - 11月29日(日)

杉本博司「放電場」@ギャラリー小柳
c0205224_22293583.jpg

いつも迷うギャラリー小柳だがBLD Galleryから数分だったせいか迷わず到着。
展示は杉本博司「放電場」の新作。
「歴史の歴史」のときと違いほぼプリントでの構成、しかし細部が毛細血管のような写真は相変わらず圧巻。
この日だけなのか一番大きな作品の前でスタッフが作業してて間近で見れなかったのが残念だったが来月の頭あたりにもう一度行くつもり。

第1回写真「1_WALL」展@ガーディアン・ガーデン
c0205224_2253537.gif

ガーディアン・ガーデン は『浅田家』 の浅田政志が二次審査に残ってたとき以来だからおそらく二年半ぶり。
とやかく言える立場ではないのは分かっているが若手と言われる写真家たちの写真の範疇を超える写真はなかった。
渡邊有紀の森ではないあの木々の写真には惹きこまれた。
が、他二枚のセレクトの理由はわからない。

c0205224_2328348.jpg

今回からかどうかは知らないがDMの代わりに出展者一人一人がメインのA3ポスターがあるのはいい。
カラーじゃないのは予算の都合だとは思うけど。

佐内正史写真展「EVA NOS」@btf
c0205224_2313138.jpg

駅近だからすぐ着いたが自分の勘違いもありどうやって三階まで行ったらいいかわからず電話で確認。
そして店内に入ったあともどこで展示してるのかすぐはわからず。
店員さんがチラシをわざわざ展示してるとこから持ってきてくれたから気づいたけど。
写真集の方を先に見ていたので「CRエヴァンゲリオン」以外の写真があったのは意外だった。(たしか三枚)
佐内正史×宮村優子トークイベントを見た人のブログに右手でパチンコを打ち、左手で任天堂DSでドラクエをやりながら、写真を撮っていた時期があったとある。
てか、それでどうやって撮るんだ?
作品全部売ってたけどあれに20万の価値を見出すのは難しい気がする。

頭山ゆう紀写真展「境界線13」@AKAAKA
c0205224_23131674.jpg

いつもは半蔵門線の出口から出るのに大江戸線の出口から出てしまい迷いに迷う。
写真集持ってるけど病気や死を連想させる写真が嫌いだってことを再認識。
頭山ゆう紀×元田敬三トークショーはテレビやラジオだったら放送事故になりそうな沈黙が何度かあった。
そして今まで『Motordrive』だと思ってた写真集が『Motodablack』ってタイトルだって知り驚いた。
[PR]
by sato_tomokazu | 2009-09-12 23:30 | 展示